読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断薬のタイミング

以前、抑うつ神経症と診断され、不眠症の薬と合わせて複数の薬を結構な長期間処方されていました。その後、だいぶ症状が改善されましたので、薬の服用をやめたところ、強烈な離脱症状に悩まされました。調べたところベンゾジアゼピン系の薬は服用を急に中止すると、様々な離脱症状が発現する可能性があることがわかりました。その後、仕事探ししなければならず、医師と相談のうえ、いったん薬の服用を再開し、数カ月から一年かけて、徐々に薬の服用の量を漸減していくことにしました。そのようにすることで、離脱症状の発現をなるべく抑えながら、断薬することができました。ただ、最後の最後、薬を完全に断薬する段階では、やはり多少の離脱症状が発現しましたが、なんとか耐えることができました。


◎薬で気持ちの整理

私はうつ病になって4ヶ月たちました。最初は薬に頼っていましたが今では通院してカウンセリングを受けたりしています。薬を飲む期間はありましたが徐々に薬なしでも大丈夫になっていったのが嬉しかったです。気持ちの浮き沈みが激しくて家族に当たってしまうのが一番辛かったです。自分では制御できなくなってしまったので精神科にかかる事を決めたのですが今思うともっと早くに精神科に相談していたらもうちょっと考え方や自分の癖が分かったのかなと思いました。自分の体は自分が一番よく分かっていると思うので周りの人や家族の意見も大事だとは思いますが、自分が行った方がいいなと思う時が行き頃なんだと思います。自分はまだ大丈夫と思わずにカウンセリングだけでも受けておけばよかったなと思いました。

うつ病の求人探しサイト